東京ならではのうまい貸事務所の仕組みは

大きな会社に行くと、たいてい1階ロビーに受付エリアが作られており、そこで関係各所に連絡を取ってくれたり、面会の約束相手を呼び出すなどしてくれます。特に東京はそうした大きなビルがたくさんあり、会社としてまさに成功しているというイメージを与えます。そんな社屋を構える会社に成長させるには、何年、あるいは何十年という時間が必要ですし、時間をかければ必ずそうなれるという保証もありません。そのため、すぐにでもそうしたステイタスが会社に欲しいという場合、ハイグレードなサービスを備えた貸事務所を借りるという選択が、もっとも手っ取り早いでしょう。受付は会社独自のものではなく、貸事務所すべてを総括し、さまざまな会社の来客に受付のプロが対応してくれます。見た目には貸事務所であるとわからないところも、相手にステイタスを感じさせるうまい仕組みになっているといえるでしょう。

東京にある新しい貸事務所は

ビジネスの形態が多様化する現代社会にあっては、東京ほどさまざまなビジネス形態に対応する必要性を迫られている街もないと言っていいかもしれません。そのニーズを満たそうと登場したのが、さまざまな機能を併せ持つ貸事務所です。従来のように賃貸物件としてスペースを提供するだけでなく、バーチャルな空間を提供することも可能になっています。バーチャルとは、電話を取り次ぐバイリンガルの秘書の存在や、一日数時間の利用であれば無料といった、デスク一つ分のスペースを借りるという、これまでになかったオフィスの形態からもわかります。インターネットが爆発的に普及した今、インターネットアドレス、電話、そして会社の住所さえあればビジネスができることを思うと、これらを安価にそろえることができるバーチャルという貸事務所は、時代が生んだ新しい事務所と言えます。

東京でこそ成り立つ貸事務所は

日経平均株価が上昇を続け、いよいよ2万円台へ突入かと思われている中、少々停滞気味の今日この頃ですが、この機に乗じてインターネットトレードを始めた人も多いと思われます。証券会社に勤めている人が、個人による株式投資を禁じられているのはよく知られていますが、個人的にトレードをして利益を上げようと証券会社を退社する人が増えるのは、こうした株価上昇の局面です。そのため、東京で一人分のスペースを貸してくれる貸事務所を借り、そこをトレードの拠点とする人が生まれます。毎日スーツを着て出勤していくので、周りからはまだ証券会社勤めが続いていると見えるのもメリットですし、出かけていくことによって、気分的にしゃきっとするという面もあります。実際の事務所を借りるというわけではなく、バーチャルな事務所を借りるということは、東京でこそ成り立つことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*